activity

団体の活動、そしてメンバーの学び

フェアトレード ドリップパックプロジェクトは、

ラオスコーヒーの製品開発から販売までを行う学生団体です。

 

「生産者と消費者の真のWin-Win」の実現を目指し、

さらに、メンバーそれぞれが成長できるプログラムを実施しています。

 

 



団体の活動

ドリプロは、ラオスコーヒーの認知度向上のため

自分たちで製品開発したラオスコーヒーを販売しています。

イベント販売

年に一度開催されるビッグイベントに

毎年出店しています。 

    4月:アースデイ

    5月:ラオスフェス

    9月:三鷹国際フェスティバル

ドリカフェ

ローカルなネットワークを活かし、

ラオスコーヒーを地域に根付かせたい。

青梅のレンタルカフェスペース

『 cafeころん』さんにて毎月一回出店中。

目の前で焙煎実演も。


オンラインストア

イベントでお会いしたお客様の

「このコーヒー、どこで買えるの?』

の一言からはじめました。

 

https://dripro.thebase.in/

卸・委託販売

新鮮なラオスコーヒーの味が評価され、

レストランのコースメニューの一つとして

ご利用いただいております。

また、東京近辺のお店や他学生団体に

委託販売も行なっています。



メンバーの学び

ドリプロは学生団体。

コーヒー生産者の幸福と同様に、メンバーの成長も目指しています。

スタディツアー

年に一度  ラオスのコーヒー生産地を訪れ、調査を行なっています。

生産者から直接年間の収支を聞き出し、

フェアトレードによる家計への恩恵を数値化しています。

 

 

また、生活や仕事上の障害やニーズを調査し、その解決策を考え実行。

2016年3月には、生産者と資金、労力を共有し

トイレの建設を成功させました。


マネジメントゲーム

学生団体を運営するにあたり、資金管理能力は必須です。

マネジメントゲームでは、経営者や有識者の方々をお呼びし

ゲーム感覚でビジネススキルの習得を目指します。

ネットワークミーティング

FTSN関東主催、フェアトレードに関わる学生を対象にしたイベント。

毎月、ゲストスピーカーの講演や交流会が行われます。

ドリプロは正会員です。



メンバー紹介

・第6期代表

・吉川和樹(かずお)

・日本大学3年

 

・佐野維星(いっせー)

・SFC 3年

・山崎美希(みきてぃ)

・早稲田大学2年

・鶴巻ひかり(たまご職人)

・合田拓矢(レッティー)

・綿引美ノ莉(みーたん)

・芳村賢士朗(けんしろ)

・日本大学3年

・小山ステファニー陽子

(ステ)

・早稲田大学2年

・永寿美咲(10ch)

・慶應義塾大学3年

・藤村麻白(まっしー)

・岸健太郎(きしけん)