concept

ラオスコーヒーのこだわり。


LAOS COFFEE

 

 

東南アジアのインドシナ半島に位置する国、ラオス

首都ビエンチャンをはじめ、観光地としても人気を高めています。

東部を流れるメコン川からの豊かな水資源が、

美しい自然とラオスの人々の生活を支えています。

 

 

南部に位置するボラヴェーン高原は、冷涼な気候、土壌はミネラルを含んだ火山灰、標高は1,000〜1,350mとコーヒー栽培に大変適した土地です。

そのため、コーヒーはラオス最大の輸出農産物。

フランスの植民地の名残から、今も多くの農家がコーヒーで生計を立てています。



FRESSHNESS

 

 

 コーヒー豆の鮮度はあまり注目されないところ。

しかし、コーヒー豆は焙煎してから一ヶ月ほどで酸化が始まり、

嫌な渋みや酸味が出てきてしまいます。

それが鮮度の落ちた状態の豆です。

 

そのような豆は味のみならず、胃に負担をかけ

胸焼けを起こしてしまうなど、健康面へ悪影響も及ぼします。

 

ドリプロは、豆本来の美味しさと鮮度を保つことにこだわり、

自分たちの手で焙煎することで鮮度の高いラオスコーヒーを提供しています。



フラットビーン

ピーベリー

PEA BERRY

 

ピーベリーは一本の木から

たった5%しかとれない貴重な部位です。

普通はチェリーの中に2つの平豆(フラットビーン)が向かい合って入っていますが、稀にそれらが

合体して丸い豆ができることがあるのです。

 

ピーベリーはひとつの豆にうまみが凝縮され、

上品な味がします。フラットビーンに比べ、

香りとコクが一層深いのが特徴です。


ピーベリーは近年海外で注目されていますが、日本ではあまり流通していません。

コーヒー豆は出荷する前に選別の工程があり、豆のサイズ(スクリーン)の大きいものほど良質な豆とされるので、

サイズの小さなピーベリーは欠陥豆として扱われることが多いからです。

 

ドリプロは、ピーベリーの美味しさを広めるため

様々なイベントで販売しています。